様々な増殖の原因 | カンジダ症を治療したい……そんな人はカネステンクリームで治療を
「カンジダ症を治療したい……そんな人はカネステンクリームで治療を」のイメージ画像
綺麗に並べられている

様々な増殖の原因

常在菌である真菌の異常増殖が原因で発症するカンジダ症ですが、そもそもこの真菌が異常増殖を起こす状況というのは一体どのような状況なのか、皆さんわかりますか?
実はこの異常増殖の原因となるものは非常に多数存在しており、日常生活の中で健康に気を配っているような人でもこのカンジダ症を発症する可能性というのは存在しているのです。
なので、もしカンジダ症になるのを予防したいと思っているのであれば、一度真菌の異常増殖の原因を知って起きましょう。

まずこの真菌が増殖する原因の中でも最も日常的な増殖の原因として、体調不良による免疫力の低下があります。
私達の身体には免疫という物が存在しており、身体にとって何か害のあるものが現れると、免疫が有害なものを駆除して身体を守ってくれるのですが、風邪などによって体調が悪くなると免疫の働きは低下してしまいます。
すると、健康な時には発症しなかったような病気を発症してしまったり、普段であれば増殖を抑制されていた真菌が増殖し始めてしまい、その結果カンジダ症を発症してしまう可能性があるのです。
そして、意外なカンジダ症の発症原因として抗生物質の使用による発症、と言うものがあります。
私達人間の体内には多数の常在菌がバランスよく生息しているのですが、抗生物質と呼ばれる抗菌作用の高い医薬品を服用すると、体内の常在菌が駆除され始めてしまい、その結果体内の常在菌のバランスが崩れ、真菌が増え始めてしまう時があり、そのようなときにカンジダ症を発症してしまう場合があるのです。

このように、健康に気を配っているような人でも発症してしまう可能性のある性感染症……それがカンジダ症なのです。
一度発症すると再発もしやすくなってしまい、治療を行わなければ痒みやおりもの量の増加などを起こしてしまうので、発症後には必ずカネステンクリームのような治療薬で治療を行うようにしましょう。